目黒通りの壁面収納家具店     R-au-M3/ラウム

愛着あるモノに囲まれて楽しく上手に暮らそう。

【納品事例】着物用収納 (後編)

   

【江東区 Y 様邸】 Part 2

前回に引き続き、Y様に着物用の収納家具についてお聞きしていきます。

後半では、収納以外のことについてもご質問させていただいております。

写真撮影:勝又 義人 / 取材:野村 勝哉(R-au-M3)

他社の商品との比較検討は、特にしていません

 

ー今回、私どもの家具を知っていただくきっかけは、どのような経緯でしたでしょうか? 実は、素敵なお着物でいらっしゃった方がある、とスタッフ間でも話題になっていました。

このマンションの管理会社と提携した、キャンペーンのチラシが入っていたのでそのチラシを見ました。最初はそこまで気になっていなかったのですが、キャンペーン期間の終了間際2~3日前になって、やっぱり一度見ておこうと思って。

あと、以前会社勤めをしていた時に目黒に通っていて、よく知っている場所だったということもあり、寄ってみようと思いました。

着物の着付けを習っているのですが、大人になるとなかなか着物を着て出かける機会がないということで、先生が色んな企画をしてくださっていて、あの日は目黒雅叙園に行ったあとでした。

ーその流れで、お着物でご来店いただいたということですね、ありがとうございます。たしかに、着物は着る理由や環境が無いと、なかなか着ることがないですね。 

 

ー今回、購入にあたりまして、他社の商品との比較検討はされましたか?

特にしていません。

 

ー続きまして、納品時のことでいくつかお伺いします。まず最初に気になっていたことなのですが、取付前に「床に止めますか?」とご質問いただいていたと記憶していたのですが。

ハイ、あの部屋は、床暖房だったので床がどうなるのか?と気になりました。

ー搬入含めて、取付施工はいかがでしたか?何か気になったことはありませんか?

特にありませんでした。(ラウムの)女性スタッフが、ずっと付いて見ていてくれたので安心でした。

ーありがとうございます。もし同じように着物の収納をお考えの方に、勧めていただくとすると、どのようにお勧めしていただけますか?

昔のような桐タンスを、何竿も置くということになれば、それなりにスペースが必要ですが、着物が納まる最小限の幅で棚板を作ることができ、かつ、好きな色で面材を選べる、と勧めますね。

 

棚板は、もう少し薄くても良いかもしれません

 

ー逆に、改善したほうが良いところ、何か気になったことはありますか?

そうですね、あえて言うとすれば、棚板が厚すぎですかね。テレビのように重たいものを載せるわけでは無いので、もう少し薄くてもいいように思います。着物は、いくら数があると言っても、たいした重さにならないですし、あそこまで頑丈なものでなくても良かったですね。

ーそれと、先ほどお聞きした開き扉の調子が悪い時がある、ということですね。

ハイ。ただ、対処の方法がわかっていれば、大丈夫です。

 

ー今回の着物用の収納の他に、食器棚も検討されていたように思うのですが。

ええ、そうです。実家からこちらに来る時に、お茶の道具を全て持ってきたのですが、段ボール4~5箱に入れたままで、まだしまうところが無いのですよね。

そのうち食器棚をつくってしまえたら良いな、とは思っているのですが、どこに作ったらいいのか?などと考えているところです

ーなるほど、それではカウンターのような部分は必要無くて、食器を収納するための家具というイメージですね。

ハイ、中が見えるようなものが良いです。

 

今までに無いものをみると、つい買ってしまうことがあります

 

ー少し、家具とは直接関係のないお話になってしまうのですが、何か買物をする時に、どのような観点で購入されますか?基準などはありますか? 抽象的な質問で申しわけありません。

そうですね、結構、新しいもの好きなんですよね。今までに無いものを見ると、何だろう?と思って、つい買ってしまったりすることがあります。そうすると、友人や周りの人が、「何それ?」「どこで買ったの?」などと聞いてくることがあって、それが楽しいんですよね。

たとえば、キッチン用品などでも、面白いものが好きで、ひとから見ると「え?こんな風に使うんだ」と言われたりします。

ー決まったものを続けて買い続ける、というよりチャレンジャータイプですね。

ええ、そういう意味でも今回のクローゼットも、今までに無かったものなので、自分で考えたものを作ってしまえば良いんだと考えました。

ー今はインターネットで簡単に買物ができますが、利用されますか?

ハイ、結構利用します。日用品など、あまり高価なものではありませんが。それなりの値段がするものは、実際に現物を見ます。

ーインターネットは、毎日接していらっしゃいますか?

スマホに、連絡先などのデータが全て入っているので、無いと困ってしまいます。

ー情報収集として、定期的に購読している新聞・雑誌などはありますか?

特に無いです。新聞もスマホで済んでしまいますし。新聞はすぐに溜まるし、特に広告チラシがすごく重たくてイヤなんですよね。スマホだけにしました。

ー特に困ることはないですよね?

全く困らないですね。

ー今日は、長い時間ご協力いただきまして、ありがとうございました。

 


以上、着物用の収納を納品していただいたY様にお話をお聞きしました。 新しいもの好きで柔軟に物事を考えられる方なので、着物も従来の桐箪笥などの定番ではなく、合理的な発想のもとオリジナルの収納をオーダーいただいたということがわかりました。

シェアしていただけると助かります。

 - 納品事例